雨漏り、屋根修理なら見積り無料、スピード対応のスマートサービス

つくば市の雨漏り・屋根修理

つくば市の雨漏り屋根修理

つくば市は茨城県南西部に位置する市で、人口約22万人の茨城県内で4番目の広さとなっています。つくば市は学園都市として開発が進み、現在では日本国内最大の学術都市となっており、研究機関や教育機関が多い地域でもあります。首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが開業し、東京へのアクセスも市内中心部からは最短45分ほどで行くことができる利便性です。気候は年間平均気温が14度前後と温暖な地域であり、太平洋側気候に属してはいますが内陸性で年間の寒暖の差や一日の気温差が大きいことも特徴です。夏は蒸し暑い日が多く猛暑日になることもありますが、一方で冬の気候は1・2月にかけて最低気温が氷点下を超えることもあります。降雪は年に2~3回程度と比較的少ないです。そんなつくば市ですが、このように比較的温暖で過ごしやすい地域でも雨漏りの被害は発生しています。雨漏りというと築年数の古い家屋で被害に遭うというイメージを持つ方も多いかと思いますが、実は築年数の新しい建物にも発生するケースもあります。雨水が家屋に浸入することを一次被害、それが引き金となって建物に支障が出ることを二次被害・三次被害と呼びます。実際にどのような被害があるのかと言うと、初めに気付く被害はシミによる汚れです。雨漏りが原因で天井や壁などにシミが発生している場合、二次被害は発生しています。小さなシミだと思っても油断は禁物で、更なる被害が拡大している場合もありますので注意が必要です。シミと同時に発生する恐れがあるのがカビであり、カビは高温多湿と呼ばれる環境を好み、空気中の汚れや木材の建築材料を餌にして繁殖します。微力ではありますが材質を劣化させる力を持ち、そのまま放置しているとカビを餌にするダニも集まってくるため、呼吸器疾患などの健康被害に発展する恐れもあります。カビの発生で柱などが腐食すると、傷んで柔らかくなった木材を目当てにシロアリがやってきてしまいます。木材に限らず、断熱材、電線、ビニールなどが食害されることもあります。そのため、雨漏り被害を発見した場合少しでも早く被害を食い止め最小限に抑えるためにはすぐに対処する必要性があります。しかしご自身で出来る対処法には限界もあり、専門知識がない場合かえって事態を悪化させてしまう可能性もあります。そのため、まずは専門業者へご相談いただくことをおすすめします。