愛知の雨漏り・屋根修理は全国見積無料のスマートサービスで

愛知の雨漏り・屋根修理は見積無料のスマートサービスにお任せ下さい。|スマートサービス

ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

愛知の雨漏り、屋根修理ならスマートサービス!

house8.png

愛知での急な雨漏り、屋根の修理ならスマートサービスにご相談下さい。
スマートサービスは全国エリアをカバーする屋根修理専門会社です。累計10,000件以上の施工実績を誇る屋根修理のプロフェッショナルが責任を持って施工に当たらせて頂きます。愛知で雨漏りや瓦の破損など、屋根のことでお困りの方はご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡下さい。

弊社ではお見積り後の契約の催促は一切行いません。お見積り受領後は他社と相見積りを取るなどして、じっくりご検討の上、必要と判断されましたら是非弊社にご用命ください。

スマートサービスが選ばれる理由

>FrontPage#hac795d6,center,4つの理由
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

工事までの流れ

工事までの流れ
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

料金プラン

料金プラン
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

対応エリア

対応エリア
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

愛知での雨漏り・屋根修理

愛知の気候と雨漏りの関係

太平洋側に位置する愛知県では、冬期の雪による降水量は少なく、暖候期の雨による降水が多くなっている。沖縄の雨漏り屋根修理と違い、愛知県県内の雨は、梅雨や秋雨前線、台風の影響によって、6~7月と9月に降水量が多い。雨が集中して振るという事は、雨漏りの確率も高くなってしまう事になる。雨漏りを防ぐ為にも、屋根について話したいと思う。住宅の屋根に乗っている瓦は、風雨、日光、太陽熱から家を守るといった重要な役割がある。家の寿命は、屋根と基礎で決まるとも言われる程大切な部分だ。

愛知で使われる瓦の種類

普段、瓦について考える事はあまりないと思うが瓦にもそれぞれ特徴があり、様々な種類がある事を知っていただきたい。 大きく分けて瓦の種類は3つ。一つは粘土瓦(陶器瓦、いぶし瓦)。粘土瓦とは、岩石が風化してできた粘性のある土を瓦の形状に圧縮成形し、乾燥後に高温度で焼成したもの。粘土瓦には陶器瓦といぶし瓦の2種類がある。新潟の雨漏り屋根修理でも述べたが、粘土瓦の三大産地としては、三州瓦(愛知県)あわじ瓦(兵庫県)石州瓦(島根県)がある。その一つである愛知県の三州瓦は、1,100~1,150℃で焼成する日本で最大の瓦の産地だ。陶器瓦もいぶし瓦も生産されている。現在新築の屋根材この三州陶器平板瓦が主流となっている。二つ目は、スレート。天然のスレートと人造のスレートがある。人造のスレートが多く普及していて、主原料はセメントと繊維性(アスベスト)のもの。セメント瓦同様表面処理をして使用する、薄い瓦のことだ。 だが、アスベストが使用不可となり、現在ではアスベストを使用せず、 無石綿化になっている。陶器瓦やいぶし瓦と比べ、重量が軽いことから、プレハブ住宅に多く使用されるが、平たいスレートは、屋根地部分の通気性が悪く、木材の腐食や劣化をまねく場合があり、塗装等のメンテナンスが必要。3つ目は、セメント瓦。主原料は、セメントと砂。表面処理をし塗装をして使う。厚型スレートや、コンクリート瓦とも言われている。以前は和形が多かったが、現在は洋形が増加傾向である。 塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが可能だが、経年によってセメントの劣化が進み、瓦が 『スカスカ』になり、色落ちし、瓦の表面が劣化してくるので 、数年ごとにメンテナンスが必要。セメント瓦自体の劣化が早くなるのでこまめなメンテナンスが必要となる。 雨漏りしない為にも、メンテナンスは怠らず定期的に業者へ依頼する事が大切だ。雨漏りをして屋根から家屋の修理となれば、それ以上に大変な修理料金もかかることになる。

会社案内

会社案内
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ